アメリカ 学生ビザ(F1ビザ)取得について

アメリカの学生ビザ取得のプロセスはこちらのアメリカ大使館のサイトに記載されていますが、詳細がわかりづらい部分がありますので、学生ビザを実際に取得された方の経験を踏まえてTipsを紹介します。(最新の情報は必ず大使館のサイトを確認し、不明な部分は大使館に直接確認をするようにしましょう。)


学生ビザの取得にあたっては以下が必要になります

  • オンライン申請書(DS-160と呼びます)の記入
  • パスポート
    大使館のサイトに記載のとおりですが、アメリカ滞在期間+6ヶ月の有効期限があるパスポートが必要になります。
  • 証明写真
    規定が大使館のサイトに記載されていますが、大変細かくわかりづらいため、ビザ申請用の証明写真を撮りなれている写真屋などで撮影をすることをおすすめします。場合によってはその場で写真の撮り直しを命じられることもあるとのことです。
  • I-20
    I-20は留学生であることを証明する非常に重要な書類となっており、留学先の学校に発行をしてもらう必要があります。発行までに時間がかかるケースもあるため、早めにとりかかることをおすすめします。ご家族で渡航をされる場合はご家族の分のI-20も取得をする必要があります。
  • SEVIS費用の支払い
    これはVISA申請のためにかかる費用で、VISA面接前には支払いを済ませ、SEVIS費用の支払い証明を面接時に持参します。ご家族で申請をされる場合には、本人(F1)分のみ支払いが必要で、同行者(F2)は支払う必要はありません。(参考ページ)
  • 補足書類
    本国との強いつながりがあり、プログラム終了後に帰国することを示す書類が必要となりますが、こちらは戸籍謄本を用いることができます
    その他、残高証明や成績証明が必要となります。これらの書類は翻訳を添付することが求められていますが、翻訳会社へ依頼しても良いですし、ご自身で翻訳をすることも認められています。
  • 面接
    ご家族でF1・F2を取得される場合には一緒に面接を受けることが可能です。(合わせて申し込みをすると、自動的に同時に面接をすることになります)
    面接とはいうものの、込み入った質問はされず、渡航の目的や留学先がどこかなど非常に簡単な質問を受けます。英語が喋れなくても心配する必要はありません。

  • (2013/11/23 更新)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    MBA取得を考えているなら今すぐ無料の会員登録を!!

    みんなのMBAで無料の会員登録をすると、以下の情報にアクセスができるようになります。手続きは3分未満で終わりますので、是非今すぐ会員登録を!

  • MBAトップスクール合格者のノウハウがつまった合格体験記
  • MBA最新情報をお届けするメールマガジン(希望者にのみ配信)
  • MBA受験に役立つリソース20選(PDF)
  • エッセイ添削のTopAdmit20%オフクーポン
  • 会員登録

    スポンサー

    bizreach

    みんなのMBAからのおすすめ

    blog
    みんなのMBA
    MBA受験合格者の皆さまへ

    スポンサー

    SUNDAI GLOBAL CLUB
    MBA Connect