MBA受験用のレジュメ(履歴書)の書き方

多くの海外MBAプログラム出願時にはレジュメ(履歴書)の提出が求められます。これは書類選考に使われるだけでなく、インタビューの際の参考資料とされたり、場合によってはインタビュー時にレジュメに沿って自分の経験を説明することが求められたりすることもあるため、非常に重要な書類と言えます。

注意すべきなのは、ここで言うレジュメは日本の履歴書とはフォーマットが大きく異なるということです。日本の履歴書では職歴を時系列に沿って網羅的に記載することが求められますが、欧米のレジュメでは「これまでに何を達成したか」「自分の強みは何か」をベースに記載をすることが求められます。「MBA resume」などでWeb検索をすると英語のサンプルを見つけることができますので、それらを参考にされてはと思います。

よく言われるアドバイスとしては下記のようなことが挙げられます。

  • 自分の強みや達成したことを中心に記載する。経験を羅列しない。
  • 1ページの中に簡潔に記載する
  • 簡潔に書きつつも、自分の経験やスキルが具体的に伝わるように記載する
  • 下記のサイトでは、MBA受験向けのレジュメに関する記事がまとまっており、レジュメ作成のコツが細かく記載されていますので、これらも参考にしていただければと思います。
    MBA & BUsiness School Resume Kit

    また、英語力に自信がないという方は、必ず提出前にネイティブのチェックを受ける事をおすすめします。多くのMBA予備校はエッセイだけでなく、レジュメのカウンセリングも行っていますので、それらを活用されても良いと思います。


    関連リンク

  • レジュメの添削も対応。MBA受験カウンセラーDr.Clyneの紹介
  • (2013/11/23 更新)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    MBA取得を考えているなら今すぐ無料の会員登録を!!

    みんなのMBAで無料の会員登録をすると、以下の情報にアクセスができるようになります。手続きは3分未満で終わりますので、是非今すぐ会員登録を!

  • MBAトップスクール合格者のノウハウがつまった合格体験記
  • MBA最新情報をお届けするメールマガジン(希望者にのみ配信)
  • MBA受験に役立つリソース20選(PDF)
  • エッセイ添削のTopAdmit20%オフクーポン
  • 会員登録

    スポンサー

    bizreach

    みんなのMBAからのおすすめ

    blog
    みんなのMBA
    MBA受験合格者の皆さまへ

    スポンサー

    SUNDAI GLOBAL CLUB
    World MBA Tour Tokyo