MBAの推薦状について

推薦状の位置づけ

MBAプログラムの受験においては、英文での推薦状の提出が求められます。受験課はこれを通して、客観的に見たあなたの人となりや強みを知るとともに、あなた自身の自己評価との整合性をみています。


推薦状作成の流れ

多くのプログラムにおいて、推薦状の提出はオンラインで行われます。出願者が、推薦状記入者のメールアドレスをオンラインで登録し、そこに受験課から、推薦状入力フォーマットが送られるという仕組みが一般的です。 当然、推薦状は英語での作成となりますので、作成者が英文を書けるというのがベストですが、第三者から翻訳をしてもらうことも可能です。その際は翻訳証明を添付するようにしましょう。 紙での推薦状提出を求める学校もありますので、こちらも学校のAdmissionページをよく確認しましょう。


誰に書いてもらうのか

有名企業の役職者による推薦状はインパクトがあるように見えますが、推薦者のタイトルは重要ではありません。最も重要なのは推薦者があなたの人となりや、あなたの成功体験についてよく知っていて、それらを具体的に推薦状に書く事ができるということです。 そのため、多くのMBAプログラムでは、直属の上長に推薦状を依頼することを推奨しています。 ただし、MBAをとるために退職しなくてはならない、現在の部署に異動してきたばかりであるなどの事情で、直属の上長に推薦状を依頼できないケースもあります。その場合には、過去の上長やプロジェクトリーダー、業務を監督していた先輩など直属の上長以外の方へ推薦状を依頼し、その理由をエッセイやオンラインの出願書類の「その他伝えるべきこと」などの項目に記載するのが望ましいです。また、同僚や後輩、部下に推薦状を依頼するのはあまり一般的ではありません。


何を書いてもらうのか

これもエッセイと同様、定番の質問はありますが、プログラムによって内容は異なります。推薦者に対して推薦状の内容を細かく指示することは推薦状の意図に反しますが、エッセイやインタビューの内容と大きなずれがないよう、大枠の方針については事前に打ち合わせをするのがお勧めです。以下の記事は推薦状依頼プロセスにおける一般的なTipsをまとめているので参考にしていただければと思います。

  • MBA Recommendation Guide

  • また、推薦者の方が推薦状作成に不慣れな場合は以下のサイトに掲載されているサンプルなどを参考情報として提供することが望ましいでしょう。
  • Sample MBA Recommendation Letters

  • (2013/11/23 更新)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    MBA取得を考えているなら今すぐ無料の会員登録を!!

    みんなのMBAで無料の会員登録をすると、以下の情報にアクセスができるようになります。手続きは3分未満で終わりますので、是非今すぐ会員登録を!

  • MBAトップスクール合格者のノウハウがつまった合格体験記
  • MBA最新情報をお届けするメールマガジン(希望者にのみ配信)
  • MBA受験に役立つリソース20選(PDF)
  • エッセイ添削のTopAdmit20%オフクーポン
  • 会員登録

    スポンサー

    bizreach

    みんなのMBAからのおすすめ

    blog
    みんなのMBA
    MBA受験合格者の皆さまへ

    スポンサー

    SUNDAI GLOBAL CLUB
    MBA Connect