MBA受験インタビュー(面接)の質問と対策

インタビューの重要性

MBAの受験プロセスにおいて、インタビューはAdmissionが唯一志願者との直接のコミュニケーションを行うことができるプロセスとなるため、志願者の人となりやコミュニケーション能力、英語力を把握するために多くのMBAプログラムにおいて、重要視されています。


インタビューの方法

インタビューは実際に学校へ訪問して対面で面接を受けるのが基本ですが、キャンパスビジットが難しい場合にはSkypeなどを用いた電話、テレビ電話での面接が行われます。自分が志望される大学のインタビュー形式についてはよく確認をしておきましょう。


インタビューの質問

エッセイと同様に、多くのインタビューで聞かれる定番のテーマは

  • Walk through your resume(履歴書にそってバックグラウンドを説明)
  • Accomplishment(これまでに達成したこと)
  • Leadership experience(リーダーシップを発揮した経験)
  • Why MBA?(なぜMBAなのか?)
  • Why now?(なぜ今なのか?)
  • Short term goal(短期的な目標)
  • Long term goal(長期的な目標)
  • Contribution(学校にどんな貢献ができるか)
  • と言った内容です。ただし、答えた内容に対して深堀りをされたり、想定外のトリッキーな質問をされるケースもあるため、定番の質問への対策に加えて、基本的な英会話能力も高めておく必要があります。以下のサイトでは各MBAプログラムの過去のインタビューでの質問内容や返答を見ることができるので、どんなことが聞かれているのか参考にして頂ければと思います

  • Interview Reports(Clearadmit)
  • Advanced MBA Interview Database Search(Accepted)

  • Any question?への対策

    多くのケースにおいて、インタビューの最後には、Any queation?(何か質問はありますか?)と聞かれます。インタビューをする側はこの質問を通して、受験者のプログラムに対する興味や本気度合いを見ています。このチャンスを活かして、興味のあるコースや教授に対して細かく聞いてみたり、自分がやりたいことを行うためにどんなサポートが得られそうかを聞いてみてもよいかもしれません。


    インタビューが終わったら

    インタビューが終わったら、インタビューをしてくれた方に簡単なお礼のメール(サンキューレター)を送りましょう。以下のリンクはインタビュー後のサンキューレターのサンプルを掲載しているのでこちらも参考にしてみてください。

  • THANK YOU NOTES(Wallstreet Personnel)

  • 関連リンク

  • 12年の実績を誇るMBAインタビューカウンセラーDr.Clyneの紹介
  • (2013/12/13 更新)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    MBA取得を考えているなら今すぐ無料の会員登録を!!

    みんなのMBAで無料の会員登録をすると、以下の情報にアクセスができるようになります。手続きは3分未満で終わりますので、是非今すぐ会員登録を!

  • MBAトップスクール合格者のノウハウがつまった合格体験記
  • MBA最新情報をお届けするメールマガジン(希望者にのみ配信)
  • MBA受験に役立つリソース20選(PDF)
  • エッセイ添削のTopAdmit20%オフクーポン
  • 会員登録

    関連書籍

    The Official Guide for GMAT Review 2015 Bundle (Official Guide + Verbal Guide + Quantitative Guide)
    Graduate Management Admission Council (GMAC)
    Wiley
    売り上げランキング: 1,926

    スポンサー

    bizreach

    みんなのMBAからのおすすめ

    blog
    みんなのMBA
    MBA受験合格者の皆さまへ

    スポンサー

    SUNDAI GLOBAL CLUB
    MBA Connect