おすすめGMAT教材

GMATはTOEFL以上に日本での知名度が低く、教材探しに苦労をされる方も多いと思います。教材選びの一助として、以下に最も定番と言える教材をご紹介します。多くのMBA受験生はこれらの定番と言われる教材に繰り返し取り組むことでスコアを上げています。


Free GMATPrep Software

こちらはGMATを運営するGMACが作成したGMAT教材で、PCにインストールする形式の問題集です。問題の内容やテストの進め方も含めて、本番のGMATに近い環境で学習をすることができます。無料入手できる問題に加えて、有料で問題を追加することもできます。


GMAT The Official Guide for GMATR Review, 13th Edition

The Official Guide for GMAT Review
Graduate Management Admission Council (GMAC)
John Wiley & Sons Ltd
売り上げランキング: 2,591

こちらもGMACが作成している公式の問題集で、MBA受験生から最も評価の高いGMAT教材の一つです。多くの受験生がこちらの問題集に繰り返し取り組むことで、GMATのスコアを上げています。

また、こちらの教材はスマホ版、iPad版も存在しており、通勤通学時間に学習をしたいという方はこちらを選ばれるのもよいでしょう。(こちらも、問題を追加するために追加料金がかかるのでご注意ください)


International Math Academy

こちらはMathパートのみを扱った教材で、受験生の間でもマスアカと呼ばれ親しまれています。Verbalパートと比べてMathパートを得意とする日本人にとって、Mathパートでできる限り満点に近い点数を取りに行くのが常套手段となっていますが、多くの受験生がマスアカを使ってMathパートの完成度を高めています。


iknow

TOEFLの教材紹介ページでも記載をしていますが、iknowではTOEFL、GMAT用のボキャブラリー学習コースが提供されています。Verbalパートだけでなく、Mathパートのコースも提供されており、GMATに挑む上での基本となるボキャブラリーを広く身に付けることができます。


Economist GMAT Tutor

こちらもiPhoneやiPadを使って学習をすることができる教材です。$550からという価格設定で、他社のGMAT学習ソフトや予備校と比べると比較的安価に網羅的な学習をすることができると評判です。50ポイントの点数アップ保証や無料トライアル期間もあるので、試してみる価値はあると言えるでしょう。


関連リンク

  • GMAT700点取得者の勉強法と教材(ブログ)

  • (2013/11/23 更新)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    MBA取得を考えているなら今すぐ無料の会員登録を!!

    みんなのMBAで無料の会員登録をすると、以下の情報にアクセスができるようになります。手続きは3分未満で終わりますので、是非今すぐ会員登録を!

  • MBAトップスクール合格者のノウハウがつまった合格体験記
  • MBA最新情報をお届けするメールマガジン(希望者にのみ配信)
  • MBA受験に役立つリソース20選(PDF)
  • エッセイ添削のTopAdmit20%オフクーポン
  • 会員登録

    関連書籍

    The Official Guide for GMAT Review 2015 Bundle (Official Guide + Verbal Guide + Quantitative Guide)
    Graduate Management Admission Council (GMAC)
    Wiley
    売り上げランキング: 1,926

    スポンサー

    bizreach

    みんなのMBAからのおすすめ

    blog
    みんなのMBA
    MBA受験合格者の皆さまへ

    スポンサー

    SUNDAI GLOBAL CLUB
    MBA Connect